夕方からの効果的な立ち回り方法

本日も前回と同じお店です。
ガ〇アです(笑)


↑前回

ここのお店の特徴として朝一4000枚級出ていた関連台に座ることができれば
当日中に半分以上(2000枚)コピーが始まります。
出ている日だと、まるごとコピーしてくれます。
自分が打つ台との関連台が多ければ多いほど信頼度は増しますw

4000枚近く出ていない場合だと回収日だと予測ができるので
そういった日は近寄らないことです(笑)

16時半頃入店し、出玉状況はこんな感じ↑
青〇の個所が夕方までに連荘していた台で1000枚以上出ていた台です。
数字は台の末尾番号です。

その中でも、勢いがよかったのが左上の6番台です。
左から2番目のポジションで、大当たりコピーを狙い下の2番台(まどまぎ)に座りましたが
左上の6番台から右上の2番台(モンハン)へ当たりが移動してしまいます。
しかし、当たりが移動した2番台と下の私が座った2番台は
ポジションと末尾番号の交点を取れます。

モンハンは2400枚程出ていました。

私の台は300G以内で初当たりを引きます。
今までの経験上ですと、コピーを獲ろうとしている台は
関連台が連荘中にもちょこちょこと当ててきます。

しかし、BIGだったのですが獲得枚数が50枚とかなりのやる気のなさ。
そこからまた300G以内で当たりを引きART突入しますが700枚程で終了です。

自分の台がコピーを取ろうとしている時に横の台が邪魔をしてきます(笑)
ここで隣の台が爆連してしまいすと、当方の台が当日中のコピーは難しくなります。
経験ありませんか?せっかく当たったのに隣に座った人がさくっと当てて爆連する。
隣の台が爆連すると自分の台の当たりが終わる。
あるあるですよねw
偶然でもなんでもないです。その通りなんですよ。

左上の6番台が500G越えで当たりを引き、また2500枚程出ていました。
これで左上の6番台は終日4000枚以上でていることになります。

左上の6番台の当たりが終わり、右上2番台の当たりが終わったところで
私の台が当たりART突入です。

コピー開始したところでは、1000枚以上でるかどうかが重要です。
1000枚もしくは1000枚以下で関連台が当たり始めてしまうと
かなり抑え込まれてしまいます。
しかし、関連台は無事はまってくれたので
当方の台にバトンタッチです。

2000枚でて終了です。

しかし初当たり300G以内できているのと穢れがたまってきているので300Gまで回します。
うまくいけば4000枚越えのコピーができます。

左上の6番台が2500枚出た後、ちょっとはまってからまた2500枚位でていました。

280G位で夜の見滝原へ行き、ART当選します。
エピボマミさんでしたw

結果2300枚程で終了です。
差枚数は合計で4600枚程となりました。
4000枚級のでだまを一気に出さずに、ちょっとはまってから2回に分けて出す。
でだまの出し方までコピーしてきたのは、ちょっと予想外でしたねw

まどまぎのMBペナやめについて

通常時のMBは順押しして14枚獲得することができます。
まどまぎのMBは中押しからするとペナになりますが
やめる時にペナやめすることによって枚数がかなりお得になります。

手順
1、まずMBを引く
2、中→左→右という手順でまず13枚獲得する。
3、次に順押しして14枚獲得する。
4、清算ボタン押してやめる。

24枚上乗せしてやめることができますね。
コレ、かなり美味しいと思います。

僕はまどまぎをやめる時は、毎回コレやってます(笑)
出禁とか店員からの注意とか、今まで一度も注意は受けたことありません。
だって仕様ですものねw
地域によっては、厳しいところもあるようなので
やるときは自己責任で!(笑)

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする