蒼き鋼のアルペジオアルスノヴァ Mental Model ver.でまったりと実践

AT、ART機が好きでも、たまにはAタイプを打ってみたくなりますよね。

そこで今回は実践した台はこちら。

「パチスロ蒼き鋼のアルペジオアルスノヴァ Mental Model ver.」です。

前作「パチスロ蒼き鋼のアルペジオアルスノヴァ」のGRTバージョンで、軽いボーナスとロングRTが魅力の機種です。

◆GRTとは?

GRTとはサミーが開発したボーナス+ロングRTタイプ。ボーナス確率に対して高継続のRTを有しているため、Aタイプでありながらボーナスの連チャンに期待できる。設定1でもBB後RT中のボーナス期待度は約50%ある。

そんな台の実戦結果を今回はご紹介します。

始まりはBAR揃いから

この台の特徴はとにかくリールロック待ち。

2段階目は必ず狙え演出が発生し、BARが揃えばボーナス確定です。

1発目の狙えは逆押しで無事成功。紫7BB当せん。

この台の楽しみどころは・・・

この機種の良いところは、なんと言ってもボーナスが確定する瞬間がおもしろいということです。

例えば上の画像。レア小役示唆の演出発生時、中リール第1停止で紫7(ボーナス図柄なら何でもよし)が停止するとその時点でボーナス確定です。

これはチェリー重複時のボーナスで出現する出目です。

ボーナス非重複のチェリーでは、中リールにボーナス図柄は停止せず、ブランク図柄が停止します。また、中リールにボーナス図柄が停止するレア小役は他にありませんので、ボーナス当せんが確定します。

まぁ、REGの可能性はありますが・・・

ボーナス中のビタ押しをしても・・・

この台の設定判別要素として、ボーナス中のビタ押し成功時の演出があります。

予告音発生時、左リールに「白7・チェリー・白7」を狙います。

成功時、液晶にキャラが表示されるのですが、高設定ほどアシガラが出やすく、低設定ほどイオナが出やすくなります。

これが何度やってもイオナばかり。

ボーナス確率も1/165と設定1を下回っていますので、これは間違いなく1でしょう。

最大コンボは2連

連チャンが魅力のこの台ですが、今日打った結果では最大連チャンは2連でした。

そもそも低設定はボーナス確率が低く、連チャン性能も低くなるので、当然と言えば当然ですが。

高設定をにおわせる要素も全くありませんでしたので、低設定間違いなしです。

ちなみにREG中のBAR揃い(無限RT昇格)もなし、スイカ+BBもなし。

バラエティに1台しか置いていないような台は、やはり設定には期待できないということでしょう。ART機のような引きだけでどうにかできる台でもありませんので、打っていても少し辛いものがありました。

設定看破要素

Aタイプは設定が入っていないと楽しめませんよね。

過去のGRT機は完全攻略で設定1でも機械割100%を超えていたのですが、本機に関しては残念ながら100%を割っています。
1日打つには設定の入っているお店を選ばなければなりません。

この機種で注目すべき要素は次のようになります。

MB中の特殊画面

MB中左リールに「白7・チェリー・白7」を目押しすると、特殊画面が表示されます。
多くは微差なので気にする必要はありませんが、いくつか設定看破に役立つ画面もあります。

男3人組(偶数示唆):設定1,3,5⇒0.15% 設定2,4,6⇒1.53%
水着(味方)※金枠:設定2以上確定
水着(生徒会)※金枠:設定2否定(設定1の可能性はあるが振り分けは小さい)
イオナ&ヤマト&ムサシ※金枠:設定4以上確定

REG後RT(50G)中無限昇格率

RT(50G)中の無限RT昇格率にも設定差があります。複数回確認できれば低設定は否定できるかもしれません。

設定1:1/3267.6
設定2:1/1820.4
設定3:1/963.8
設定4:1/862.3
設定5:1/546.1
設定6:1/496.5

チェリー・スイカ+ボーナス

チェリーとスイカからのボーナス当せんには大きい設定差が存在します。
特にスイカは基本的にボーナスに期待できない小役ですが、ボーナス当せんすれば高設定に期待できるありがたい役です。

・チェリー+ボーナス
設定1:1/606.8
設定2:1/574.8
設定3:1/555.3
設定4:1/512.0
設定5:1/455.1
設定6:1/372.3

・スイカ+ボーナス
設定1:1/21845
設定2:1/21845
設定3:1/10922
設定4:1/10922
設定5:1/5461
設定6:1/2978

まとめ

萌え台好きなら一度は打ってみる価値のある台だと思います。

GRT機はAタイプながら初当たりの重さがネックでしたが、本機は設定1でも約1/160。十分遊びやすいスペックだと思います。ボーナス判別手順も比較的簡単で、目押しが苦手な方でも簡単に打つことができる台だと思います。

通常時のリールロック待ちは個人的にあまり好きではありませんが、なぜかたまに打ちたくなってしまいます。

一度で良いので設定6を打ってみたい。そんな台でした。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする