~ウィッチクラフトワークス~天井間際から

今日打った台はこちら。

『パチスロ ウイッチクラフトワークス』です。

DAXELさんのアニメ版権シリーズで、純増2.0枚/GのART機です。ちなみに5.5号機。DAXELと言えば良くも悪くもブレないゲーム性。システムは同メーカーの『プリズムナナ』とほとんど同じです。

でも、僕は個人的にこの台好きですよ(笑)

実はこの台を打つ前に「黄門ちゃまV」を打ったのですが、特に書くような展開にならなかったので割愛しますw

ウィッチクラフトワークスの方は745G(天井999G)で止められた方がいましたので、追ってみることにしました。

天井までおよそ250G

…やはりですが天井到達。

しかも『ぷっちぼーなす(REG)』。
これがこの台の辛い所です。

しかし、その後は天国モードに移行したようで。
156G(2周期目)クラフトワークボーナス
101(1周期目)クラフトワークボーナス
と、初当たりの軽い状況。
(単発で出玉は作れていませんが…)

さらに、次の2周期目は。

なんとエクストラ周期!

■解説『エクストラ周期』
この台の天井は999G or 10周期到達なのですが、999到達前に10周期を終えるとスーパークラフトワークボーナスが確定するエクストラ周期へ移行します。ただしごくまれに10周期目以外がエクストラ周期になることもあります。

999GまでG数も余裕でしたので、なんなくエクストラ周期クリア。

しかも、この持ち越しカウンター。

絆リンクで大量のカウンターを獲得していたので、ボーナス後の早期当せんにも期待です。

やはりこの台の脳汁ポイントは絆リンク。
開始10のカウンターを毎G倍々させていく特化ゾーンです。
エクストラ周期は減算特化ゾーン高確率に加えて、絆リンクが選択されますので、こうした事故契機になりやすいのです。
ちなみに『スーパークラフトワークボーナス』の恩恵は、100G+αのARTです。

さらにボーナス中も絆リンクで獲得したカウンターが引き継がれていました。
※後々調べてみるとNeXTカウンターの引き継ぎはボーナス当せん時の9.77%。今回のようにたくさんのカウンターを引き継いだ状態且つNeXTカウンターの引き継ぎは、なかなかレアケースでびっくりしました。
ボーナス中は1周期400固定(エクストラ周期は6周期目)なので、持ち越しカウンターだけでも最低1つのストックには期待できそうです。
特にエクストラ周期到達後はテンペストモードが確定するため、大量出玉にも期待!

■解説『テンペストモード』
ボーナス中に移行する10G間のストック特化ゾーン。主にボーナス中のエクストラ周期から移行する。ベルでも50%でボーナスor拷問チャンスのストックを行うため、大量出玉に期待。テンペストモード移行時にボーナスストック1の保証がある。

そんな感じでワクワクしながら消化していたのですが…

5周期目→ボーナスストック
2周期目→拷問チャンスストック
と、イマイチ振るわない結果に。

せめて5周期までいくなら6周期目へ行ってほしかったところ。
結局獲得枚数も約900枚と振るわぬ結果に。
拷問チャンスももちろんストックなしw

しかしこの台、終わってからが真の力の見せ所です。

絆リンクで貯めたカウンターが一気に消費されます。

スーパークラフトワークボーナスの後は・・・

絆リンクで獲得したカウンターを消費しての通常時。

まずは1周期目でぷっちぼーなす当せん(34G)

次は5周期目でボーナス当せん(159G)です。

その準備中でレア小役を何度か引くと・・・

なんとスーパークラフトワークボーナスに昇格です。

先ほどと同様の展開を期待しましたが、結局はボーナスストック1で終了。

結果的にトータル1500枚(差枚+900枚)ほどで遊技終了です。

連チャンは拷問チャンス次第

この台はボーナス中のストックがボーナスだけでなく、拷問チャンス(ストックチャンスゾーン)の可能性があります。

拷問チャンスは期待度50%のチャンスゾーンなのですが、今回は0/3でした。図柄揃い確率約1/2.5が嘘のように揃わないという現実。

どれか1回でもボーナスに当せんしていれば、もう少しのばせるチャンスはあったかもしれません。

考察(データ解析)と感想

まず、周期毎の振り分けです。

エクストラ周期は、

2周期目、8周期目→3.13%、9周期目→12.5%と高くなっています。

今回は2周期目の3.13%を引くことができたのが勝因かと思われます。

この台を久しぶりに打ちましたが、DAXELの台はやはり安定感があります。(良い意味でも悪い意味でも)

出目を楽しみたいという方、萌台が苦手という方にはあまり馴染みのないメーカーですが、ビデオリールが禁止になった今では、何とも名残惜しい台(メーカー)となりました。

勝てるかどうかは別として、DAXELの他の台も打ち倒してやりたいと感じた今日この頃です。

次はロングフリーズが引けるよう頑張っていきたいと思います。

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする