ARTを継続させる為の断続打ち

ARTはなるべく継続させたいですよね。

「ART入ってもすぐ落ちちゃうんだよなー」

なんて悲観的にならないでください。

ARTをなるべく継続させる為の方法があります。

ただし、台選別が間違っていない事が前提です。

関連台とは、どこかが当たっていると、どこかがはまっている。 もしくは、どこかが当たっているとどこかがはまっている。 その台の影響を強く受...

ARTをなるべく継続させるには

それは、自分の台の関連台が当たったら、関連台の当たり終了まで待つ事。

できれば、ベルの時や払い出しのある成立役で待つと良いです。

自分の台がART入ったら、周りの台も当たっていないか見てください。

自分の台の関連台が大抵一緒に当たっていると思います。
同時に当たらなくても、ほんのちょっとの時間差で当たっていると思います。

関連台がARTに入ったら自分の台の打ち込みをストップさせます。

関連台が連荘し始めると、自分の台はハマりに転じます。

出す日の場合は別です。出す日だと同時連荘が目立ちます。

が、出す日なんてめったにありません(笑)

周囲に関連台に座っているお客がいない時

あまりお客さんがいない店だと思われます。
客付きが悪く、ガラガラの店ははじめから選択すべきではありません。

しかし、5割以上、お客さんがいるけれど関連台に座っていないときがあるとき

なおかつ自分の台がART入っている状態での話をします。

ART中に30G回してみて、上乗せやボーナスがない場合
5分小休止させる。

ほんとオカルトですが、コレ、割と効果があります。

トイレいったり、休憩から戻ったりすると、すぐ当たったりする時はないでしょうか?

もしくは、ART入ってから駆け抜け後、200Gあたりでまた当たる時ありますよね。

あれ、大体その間に関連台が当たってそれの順番待ちしている状態です。

だから、関連台が当たり終了まで待つことです。

時間差で連荘するパターンがある為、駄目だと思って捨てると
あとから来た人にオカマ彫られるケースがあります。
オカマ防止の為でもあります。

関連台の当たりがなかなか終わらない時

順番待ちをしているけれど、関連台の当たりがなかなか終わらない時があります。

次なる選択肢としては

1、休憩札をたてて待つ。

およそ、2000枚で約1時間ですから
2000枚程度の連荘でしたら、休憩札たてなくても良いと思います。
なので、関連台がどれ位、上乗せしているかと獲得枚数をチラッとみます。

残り100G 獲得枚数1500枚
とかでしたら、約2000枚と予測し関連台を打つとよいです。

2、同時に打つ

これが一番怪しまれなくて良いですが、同時に打つとよほど出る日でもない限り
間違いなく嵌ると思われます。

3、当日は諦める。

関連台の連荘度合いによります。
6000枚以上出ている場合や別の関連台へ、シーソーしてしまった場合は、当日は諦めた方が良いかもしれません。
この場合、翌日朝一が狙い目となります。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする