関連台の考察

関連台とは、どこかが当たっていると、どこかがはまっている。
もしくは、どこかが当たっているとどこかがはまっている。
その台の影響を強く受ける台を関連台と呼びます。

関連台から当たりを狙う方法はホールにもよりますが
規則的な並びのあるホールの方がやりやすいです。
丸い円のように台が並んでいたり、不規則な並びのホールは避けた方がよいです。

よく巷のホルコン攻略法で聞くのが横並びのグループですね。

例えば
●○○○○
このような並びがあるとして●が連荘台とします。

数時間後
○○●○○
このようになっていたりします。

出している日なんかは
●○●○●
このようにもなっていたりしますw

基本的に横の並びは影響は受けます。しかし、影響は少ないです。

大きく影響を受けるのが、3台隣の台です。
●○○★○
こんな感じですかね。●が連荘台、★が自分の台とします。
3台先の台が連荘しはじめるとほぼ間違いなくといっていいほど、自台は転落していきます。
ですが、3台隣の台が連荘終了すると自台が元気になる傾向があります。
なので、3台隣の台には要注意です。
連荘しはじめたら避けるか、時間差で様子見した方がよいかもしれません。

●○○△○○●
次に時間差でよく見かけるのがコレです。
両隣3台先の台にはさまれている状態です。
●の連荘が終わると△が出始めるパターンです。
●の出だまが多ければ多いほど、△により期待がもてます。
●が連荘しすぎて、当日△に当たりが回ってこない場合があります。
その場合は、翌日朝一で△が狙い台としてオススメです。

関連台その2

別のシマの台からも影響があります。

例えば、こんな感じです。

●○○○○ ○○○○○
○○○○○ ○○○○○

★○○○○ ○○○○○
○○○○○ ○○○○○

●が連荘終了したあと、★も連荘しはじめたりします。
シマを歩く時、注意してみてみてください。

関連台その3

末尾番号

例えば、313番台とすると末尾の3とかです。

下の画像は、とあるホールの絶好調ランキングなのですが
末尾3番台と0番台がやたらランクインしていますよね。

末尾番号もかなり影響を受けます。
末尾もシーソーゲームのように影響があります。

関連台その4

上記の関連台もかなり重要ですが
一番重要な関連台がその4です。

その4の関連台によって当日の命運が決まると言ってもいいほどです。
大きくコピーが取れます。

ここでは情報公開はできませんが、気づいている方も結構いるんじゃないかなと思います。

ヒントはポジションです。

僕の実践日記ではPと表現しています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする