優秀台が強すぎると関連台が死亡するパターン有り

優秀台からのシーソーを狙って関連台に着席しても
なかなか優秀台の連荘が止まらない。って時があります。

どんなに優秀台でも1日のうち、ちょっとハマるインターバルがあるのですが
稀に1日中出っ放しというのがあります。

こうなってしまうと、シーソー狙いしていても当日は失敗に終わります。

関連台へのシーソー狙いができなかった時は、翌日朝一がアツいのですが
この話はまた別の時にします。

下の画像をみてください。

これはとある日の絶好調出だまランキングに入っているデータです。

1位のまどまぎが7000枚以上出ているのがお分かりいただけるかと思います。

次に、下の画像をみてください。

こちらは当日のハマリ台ランキングなのですが
青枠で囲ってあるのが、7000枚出たまどかマギガの関連台になります。

めちゃめちゃはまりまくってます^^;

体感ですと、6000枚以上出ると関連台がシーソーの順番が回ってこないで
当日は死亡するパターンがあります。

優秀台からのシーソーを狙う場合は、優秀台が4000~5000枚位が妥当で
連荘終了後が望ましいです。

日によって出る日は、2000枚~4000枚位はシーソーしてくれるのですが
関連台が超強い場合は要注意です。

シーソーする関連台を打つか打たないか。
続行するかしないか、見極めが難しいところですが

優秀台の関連台が、ある程度出ているようであれば
優秀台の関連台へ着席すべきだと思います。

また、店によって出方が違うので、店のパターンをある程度知る必要があります。

例えば、秋葉原のビッグアップルなんかですと
万枚クラスの関連台はガッツリ時間差でシーソーしてきます。

これは稼働率や店のパターンによるのですが
稼働率が高いホールですと、シーソーするまでのインターバル(ハマリ)が短いです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする