店選びの重要性


店選びは台選びより超重要です。

なぜかというとお客さんが入らず稼動が少ないとお金が入らずに大当たりを生み出せないからです。

平日最低でも5割くらいは稼動がないと厳しいです。

ガラガラのホールの特徴として
2,3台出ててあとは死んでるって感じではないでしょうか。

どうしようもないホールは、客が一人もいなかったりします(笑)

ダメなホールの例としては

お客さんが超少ない。
店員さんも少ない
ホールが汚い。
新台入れ替えがほとんどない。
低貸しのシマがない。
台移動が制限されている。
データ機器が昔のまま

要するに、ホール側も経営困難に陥っており
店員さんを雇うお金もない。お金がないから新台入れ替えもできない。
だから数少ないお客さんから搾り取るしかなく
結果、お客さんがどんどん減っていく。
という負のスパイラルに陥っているのです。

こういうホールは早々に見限るべきです。

店によって出方が違う

店によって、かなり連荘の出来上がり方が違います。

僕は2つ行きつけのホールがあるのですが

A店は、それぞれの台に満遍なく当たるが1台あたりの爆発性が低い。

B店は、1台あたりの爆発力が高いが、関連台への当たりが飛びづらい。(時間がかかる)

良い店だと思うのは、A店だと思います。

A店は、台選びをミスってもそこそこの当たりを拾える為、リスクを減らせるからです。

ホルコンは、関連台とのじゃんけん勝負で

例えば同時に当たったりすると、どちらかが連荘終了し、どちらかが連荘しはじめます。

逆にB店は、一撃性は高いのですが、台選びミスると死亡です(笑)
関連台はほとんど死亡します。天井単発当たり前でワンセット終了が多いです。
しかし、一撃で5000枚以上多く取れる事があり、僕は割りと気に入ってます。
万枚以上でることもしばしばあります。

A店 イージーモードの初心者向け

B店 ハードモードの玄人向け

といった感じでしょうか。

遠くても出てる店を選ぶべきか

これについては賛否両論あると思いますが
僕は近場のパチンコ屋を選択すべきだと思います。

もちろん、近場のパチンコ屋がダメなホールは選択するべきではありません。

A店のようなお店が近場にあればベストです。

何故、近場がよいかというと
人間は感情の生き物ですので、せっかくきたのだからといって
狙い台が座られてても、どうでもよさげな台を選んでしまいダラダラと打って負けてしまうって経験ないでしょうか?
僕は、このパターンがちょいちょいあります(笑)

しかし、これが近所のホールですと
空いてなかったら、さっと帰るって事ができます。

「空いていない。仕方がない帰ろう」
この選択肢に慣れる事が大事だと思います。

「空いていない。仕方がない空くまで他の台打つか」
これは良くないです(笑)

人間の癖でして、「空いていないから他の台打つか」に慣れてしまうと
空いていなかったら、今日はやめようと思っていても、負けた分を取り返そうとしてずるずると負けのパターンにはまっていきます。

なので、帰る癖を身につけておくことが大事です。

店の出し方を把握するとよりよいスロライフを送れるのではないでしょうか。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする