スーパービンゴネオでファフア2発

スーパービンゴネオを打ってきました。

5500枚以上出ていた台が60G位で即止めされていました。

160G位で初当たりし

3連荘目でフアきました。

444G消化中にもどきどきぞーんに何度か突入し3回程7が揃いました。

6連目にもなんと、フアが!?

666キタ━━(☆∀☆)━━!!!ー

8連目でレインボー終了画面

ここで終了。

規定の枚数を出す為に、どんなに薄い確率でも引っ張ってくるところ
きっちり4000枚で終わるところに、胡散臭さを感じます(笑)

ま、出ればいいんですけどね(笑)

ホルコン的立ち回り

今回は至極簡単です。

5500枚で即止めしてたところ、規定のゲーム数まで確認回ししただけです。

4000枚以上出ていた台が、即止めされている場合はかなりチャンスです。

ここから爆連を狙う為には、即止めしたゲーム数から早い段階で初当たりを引かねばなりません。

体感ですと、200G以内です。

200-300G間ですと、2000枚以下になるパターンが多いです。

まぁ、2000枚でも充分ですけどね。

さらに初当たりから前回の連荘した時の差枚数を越えなければなりません。

画像の赤線のところが、前回の最大持ち玉で、ここがブレイクポイントです。

ここをブレイクするとさらに、爆連の期待が持てます。

逆にダメなパターンがこちら

ブレイクポイントに到達できず、前回の差枚数も越えられず
ダラダラと下げていきます

こちらは、ブレイクポイントに到達はしたものの、その後ダラダラと下げている。

このパターンは、ブレイクポイントに到達した瞬間
仕事を終えました的な感じで、上乗せがなくなりボーナスがなくなり
終焉の方向へと向かっていきます(笑)

ブレイクポイントから最低でも500枚は越えてもらいたいところです。

これらのダメなパターンは、共通して次の初当たりが300G越えが多いです。

話はそれますが、株のチャートとめちゃめちゃ似てるなーと感じます。

株でも年初来高値を越えると、さらに突き抜けて上がりますよね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする