まどまぎ2でロングフリーズ引きました

はじめてまどまぎ2でロングフリーズを引きました。

まどまぎ2のロングフリーズ

ワルプルギスの夜90%
ワルプルギスの夜は20連し、400G
途中、時間逆行フリーズもきました。

ワルプルギスの夜きゅうべえ扉絵
90%継続確定であるキュウベエの扉絵も始めて見れました。
継続も確定なのでしょうか?


途中エピボ(マミ)も引いてART4セット継続し、フリーズからの一撃は3300枚で終了しました。

期待枚数が2,000枚なので充分です。

ホルコン的立ち回り

関連台Kが4000枚以上出ていることを確認。
末尾番号台が3600枚以上出ていることを確認。
この2台の交点狙いしたところ該当した台が、まどまぎ2でした。

330G位で空いていました。
同N台が連荘終わった所、狙ってみたところ
520G位でCZからART当選。
単発で終わりましたが、続行。
この時、まだ同P台が連荘中でしたので、ちょっとはまるだろうと予測。
500G以内で当たると予測し、438GでART当選。ほむらCZからきました。

途中BIGきましたが、これもしょぼい出だまで終了。
しかし、ホルコン的には200Gまでが連荘ゾーンですので続行。

またまたほむらCZからのBIG当選しましたが、120G位載せて600枚位で終了。

しかし、関連台が3600枚以上出ている為、最低でも1800枚以上は出ると予測。
特に周りの関連台が当たっていない為、続行。

でかい出だまがくる時は、連荘ゾーンで引き戻します。

100G以内で何度も引き戻しているのがわかります。

最後のBIGがロングフリーズでした。

横の台が麻雀格闘倶楽部と初代まどまぎなのですが
こいつらが非常に厄介でして、ちょいちょい出だまの邪魔をしてきます。

横の台が当たったと同時に自分の台も当たる。もしくは倍以上にこちらが当たるのであれば問題なしです。
横の台が自分の台に追従してくるかのように連荘してきた場合は、要注意です。
できれば、横の台の連荘が終わるまで待った方が良いです。

なので、この時横の台が当たり始めたので10分小休止しました。

結果、両隣の台は撃沈しはまり始めると、自分の台が優秀台であることが確定します。

差枚数は、3800枚で終わったので同末尾の台を見事シーソー完了です。

青枠が関連台。
赤枠が自分の台です。

同じ末尾番号であるゴルゴ13の台とほぼ同じ枚数をシーソーしていますね。

にほんブログ村 スロットブログへ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする